年齢を重ねるごとに|不妊症の原因にもなる子宮筋腫|手術で症状改善を

不妊症の原因にもなる子宮筋腫|手術で症状改善を

年齢を重ねるごとに

医師

40代の妊娠率

女性は年齢を重ねていくごとに妊娠する確率が低くなっていきます。不妊治療を行っている40代の女性の妊娠率は、大阪でもさほど高くはありません。女性が生み出す卵子は年齢を重ねていくと、精子と受精して受精卵となっても途中で細胞分裂を起こさなくなったりしてなかなか、受精卵自体を体外受精で作り出すことが難しくなっています。妊娠率を高めようと思えば、女性からより多くの卵子を取り出すことになってしまいますので、いくら取り出す時に麻酔がかかっているといっても女性にとっては、卵子を体外に取り出すということは大変に体力を必要とするものになっています。40代の高齢になると卵子を取り出し受精させたとしても、10パーセント以下の妊娠率しかありません。

卵子を凍結保存

若いうちに自分の卵子を冷凍保存して、高齢になって子供ができなかったときにこの冷凍卵子を利用して、体外受精を行っている人もいます。若いころの卵子になりますので、体外受精を行っても細胞の分裂が活発に行われます。年齢が若いなどの条件や体質により20パーセントから40パーセントまで妊娠率が上昇することがあります。できるだけ早い段階で大阪の産婦人科に行き、検査を行なうことが大切です。体外受精の費用は自己負担で保険のきかない治療です。さらに体外受精の各工程ごとに費用がかかる場合があるため、大阪の産婦人科に行く際には事前に確認しておくとよいでしょう。一般的には、1回の体外受精で30万円程度が相場です。住んでいる大阪の自治体によっては、補助金制度を設けているところもあるので助成金を受けられるかどうか調べておくとよいでしょう。