不妊症の原因にもなる子宮筋腫|手術で症状改善を

妊婦に必須な栄養素

錠剤

葉酸はDNAの合成や細胞分裂に関わる栄養素で、胎児の健康な発育や美容、動脈硬化の防止など様々な効果があります。野菜や果物に多く含まれていますが、熱に弱く水に溶けやすいためサラダなどにして食べるのがおすすめです。

More Detail

痛くない治療

医者

不妊治療は、近年多くの女性から注目されています。特に大阪での鍼灸治療は、値段も手ごろで名医による治療を受けられるため人気です。また、痛みもありません。不妊治療は鍼灸治療に加え、自らの食生活やトレーニングでも改善できるため誰にでも始めやすいのです。

More Detail

年齢を重ねるごとに

医師

体外受精を行なう場合は、なるべく早い段階で決断することが重要とされています。大阪の産婦人科では、約30万円の費用がかかります。自治体の助成金などを上手く利用すると治療に専念できるでしょう。

More Detail

子宮にできる良性腫瘍

ドクター

不妊の原因となるケース

望んでいながらなかなか妊娠できず悩んでいる女性は少なくありませんが、そうした不妊にはいろいろな原因が考えられます。その1つとして挙げられる子宮筋腫は子宮にできる良性腫瘍で、がんではありませんが大きくなるとさまざまな症状が生じてくるのです。30歳以上の女性では20%から30%の人が持っていると言われており、顕微鏡サイズまで含めると保有者は過半数にも達します。子宮筋腫は大半が子宮体部に発生し、子宮頸部にできるのは10%以下に過ぎません。子宮の内側にできるタイプが粘膜下筋腫で、外側にできるタイプは漿膜下筋腫、筋層内部にできるタイプは筋層内筋腫と呼ばれます。このうち不妊症の原因として最も多いのは、内側の子宮粘膜にできて子宮内部の変形につながる粘膜下筋腫です。この粘膜下筋腫は大きくなると粘膜からの出血や潰瘍・壊死が生じ、不正出血や貧血・動悸・息切れの症状も出てきます。筋層内筋腫も大きくなるにつれて同様の症状が生じ、漿膜下筋腫とともに腹部膨満感や排尿障害・腹痛が見られる場合もあります。腫瘍が血管を圧迫することで子宮全体の血流が悪くなったり、卵管を塞いだりすることでも不妊の原因となるのです。

検査で腫瘍が見つかったら

子宮筋腫で以上のような症状が発生するのは、腫瘍が一定の大きさ以上に達した場合の話です。腫瘍がごく小さいうちは自覚症状がない人も多く、婦人科での定期検査や妊娠の際に偶然発見されるケースも少なくありません。その場合は腫瘍が将来的に不妊の原因となるかどうかという点や妊娠希望の有無、または患者さんの年齢に応じて治療するかどうかを医師が判断します。子宮筋腫ができる原因ははっきりしていませんが、女性ホルモンのエストロゲンが関与しているのは間違いありません。エストロゲンが活発に分泌されている年齢の女性ほど腫瘍が成長する傾向が見られ、エストロゲン分泌が急激に低下する閉経後の女性では腫瘍が縮小するのです。年齢がまだ若く妊娠を希望する女性の場合、将来的に不妊の原因となりかねない部位の子宮筋腫は手術で摘出した方がいいでしょう。手術には子宮全摘手術と子宮温存手術・内視鏡下手術などの種類があって、子宮全摘手術は妊娠を希望しない場合や閉経後の女性が対象です。エストロゲン分泌を抑えて腫瘍を縮小させる薬もありますので、最近では腫瘍を10センチ以下にまで小さくして負担の軽い内視鏡下手術を可能にする治療が行われています。

Recommended

  • 原因から対策まで子宮筋腫まるわかりサイト

    多くの人々が悩まされている子宮筋腫を治療したいのであればこちらを拝見してみるといいですね。基礎知識について理解しよう!